ジェネリック医療品バリフについて

世界2番目にできたED治療薬と誇るレビトラは2004年4月に販売されたすぐED患者の間に話題になります。

レビトラジェネリックは、レビトラのメリットである飲んでから効き目が出るまでの即効性、服用してから食事をしても効果に影響がほとんどないところなど、レビトラの長所をそのまま引き継いでいます。服用することで純正レビトラと同様の効果を期待することも可能です。しかも、レビトラジェネリックはジェネリック医療品なので、約レビトラの5分の1の価格で購入できます。

レビトラジェネリック医療品の中には一番有名なのはバリフです。バリフはAjanta Pharmaから製造販売しているレビトラのジェネリック医療品です。10mgと20mgの2種類があります。持続時間も違います。バリフ10mgの場合は5時間程度、そして20mgの場合は8時間~10時間程度の持続時間となっており、こちらもレビトラと同じような持続時間となっています。バリフ

バリフは主成分は先発品レビトラと同じくバルデナフィル塩酸塩が使用されています。バルデナフィルは、水に溶けやすいという性質を持っているため即効性があり、ほかのED治療薬にはないバルデナフィル特有の性質です。
そして、バルデナフィル塩酸塩は、陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑え、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して、男性器の中にある血管を拡張させる物質を増やす作用があります。血流量を促す効果があります。これによってペニスに大量の血液が流れ込み、男性器の勃起を促進する効果が実現できます。

バリフの服用は性行為の1時間前に水などと一緒に服用し、空腹時に服用すると、効果は30分程度で現れ始め、1時間程度でその効果はピークとなります。10mgは飲んでから4~5時間ほど維持できます。20mgは8~10時間ほど作用します。

バリフは食事により、体への薬物の吸収が阻害され効果が減弱するケースもあります。 特に油分により吸収を阻害します。なるべく空腹時に服用してください。お酒との併用する場合、アルコール自体に精神安定作がありますので、適度な飲酒は、リラックス効果をもたらし、バリフの効果を引き出し、性欲を増加させることが可能ですが。飲酒が過ぎると勃起させる神経が麻痺して、完全に逆効果になり、勃起障害は悪化し、お酒の飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。

バリフは日本ではまだ未認可のED治療薬なので、日本の医療機関で購入したり、ドラッグストアで購入することはできません。現在は海外医薬品の個人輸入という形での購入が可能で、インターネットを利用すれば購入することができます。