バリフの副作用について

バリフとは、インドのアジャンタファーマ社が開発したレビトラのジェネリック医薬品です。10mgと20mgの2種類があります。持続時間も違います。バリフ10mgの場合は5時間程度、そして20mgの場合は8時間~10時間程度の持続時間となっており、こちらもレビトラと同じような持続時間となっています。では、バリフの副作用は何でしょうか?本文では、バリフの副作用の情報についてご紹介します。

バリフの副作用の頻度もバイアグラよりも少なめですが作用機序は同じPDE-5を阻害する薬剤ですので副作用の症状も同じです。「、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。これらの症状は、お薬の成分が体に行渡り、効き目があられ始めている証拠だとお考えください。その他には、「頭痛」「動悸」「鼻づまり」「光に過敏になる」などの症状が見られることがあります。

これらの症状は通常4~6時間ほど待てばおさまりますが、万一に症状が改善されない場合は医師にご相談ください。

重篤な症状はほぼなく、比較的安全な薬といえます。バリフの副作用の発生する頻度も0~15%であり、さほど高くはありません。日常生活や身体に障害が生じる可能性は低いと考えられます。

バリフを利用するのを止めた時に症状が出なくなったというのであれば、もしかすると副作用という可能性が高くなるでしょう。副作用が出るかどうかは個人の体質や体調などと密接に関係しているため、実際に飲んでみないと分からないです。また、注意点として、用量や用法を正しく守っていないと、副作用が生じる可能性が高くなります。